手作り犬ごはんのレシピ

手作り犬ごはんレシピ:ブリと春野菜のごはん

Instagramで手作り犬ごはんのレシピや犬の健康に関する情報を発信しているリーリャ編集部(@lilya_foods)と申します。手作り犬ごはんの基本については手作り犬ごはんの作り方・レシピや注意点(量や食材、味付けなど)を解説で詳しく説明しています。
今回は、手作り犬ごはんのレシピ、ブリと春野菜のごはんをご紹介します。その他の犬ごはんのレシピに関する記事はこちらです。

このレシピの特徴

一年を通じて手に入りやすく調理しやすいブリと、春野菜のスナップエンドウを使ったレシピです。スナップエンドウは甘みもあり、歯ごたえも良いので好きな子も多いかと思います。小松菜やゴマは手に入りやすいうえ、手作り犬ごはんで不足しがちなカルシウムが豊富に含まれています。あおさには不足しがちなヨウ素のほかカルシウムなどのミネラルも含んでいます。さつまいもは低IG食材のひとつで、食後の血糖値が上がりにくいと言われています。
このレシピは約82.3kcal/100gです。

サプリメントを追加することでAAFCO2016の栄養基準に近づけることが可能です

このレシピは、そのままでもできる限り栄養バランスがとれるように計算していますが、リーリャの犬ごはん マルチビタミン&ミネラルを追加することで犬の栄養基準に近づけるように設計されています。この栄養基準を満たすことで犬は健康を維持することができ、一方で長期的に足りない栄養素があると体に不調をきたしたりしますが、一般的な食材だけでは栄養基準を満たすことが困難です。そのため、専用サプリメントをご用意しましたので、ぜひ一度ご検討ください。
〈サプリメント販売ページ〉
https://shop.lilya.jp/products/mv-mineral

材料

体重4kgの避妊・去勢済みの成犬の1日分を基準としています。

ブリ(焼き) 47g
鶏レバー 23g
小松菜(茹で) 63g
さつまいも 55g
カボチャ 55g
にんじん 47g
スナップエンドウ 39g
ミニトマト 39g
すりゴマ 3g
あおさ 3g
水 50cc
(サプリメントを追加する場合)
リーリャの犬ごはん マルチビタミン&ミネラル 3.2g

それぞれの体重・ライフステージに合わせた量について

体重やライフステージによって1日に必要なエネルギー(カロリー)が異なります。
下記の表は4kgの成犬を1とした時のそれぞれの係数です。
体重・ライフステージに合わせて表内の数字を、このレシピの各材料にかけて1日の量の目安にしてください。

例:4kgの肥満傾向の犬
ブリ(焼き)・・・47g×0.9=42.3g
鶏レバー・・・23g×0.9=20.7g
小松菜(茹で)・・・63g×0.9=56.7g
サプリメント・・・3.2g×0.9=2.8g

各食材の割合
体重(kg)避妊・去勢済みの成犬非避妊・非去勢の成犬肥満傾向・シニア犬
10.40.40.3
20.60.70.5
30.80.90.7
41.01.10.9
51.21.31.0
61.41.51.2
71.51.71.3
81.71.91.5
91.82.11.6
102.02.21.7
152.73.02.4
203.33.82.9
254.04.43.5
304.55.14.0
355.15.74.5
405.66.34.9
456.16.95.4
506.67.55.8

作り方

①小松菜は下茹でし、ブリは焼いて骨を取り除き、計量しておきます。
②材料を細かくカットし計量しておきます。
③鍋にトマトとレバーを入れて加熱します。
④さつまいも、にんじん、カボチャ、スナップエンドウを入れ、水50ccを入れて弱火で煮ます。
⑤ときどきかき混ぜて、火が通るまで加熱します。(10分程度)
⑥材料に火が通ったらあおさ、ゴマを入れてよく混ぜたら完成です。
※サプリメントは食べる時に、一食分に必要量を混ぜてあげてください。

料理のコツ・ポイント

ブリを焼くときは、フライパンにくっつかないホイルを敷いてやくと便利です。
食材を細かく切ることで水分が出やすくなります。
細かく切るときはフードプロセッサーがあると便利です。
煮る時は弱火で加熱しています。
ごまはすりごまにしないと、消化されにくいため、そのまま便で出てしまいます。

注目食材

スナップエンドウ

ほのかに甘みもあるスナップエンドウは春野菜のひとつです。スジをとって細かく刻んで使いましょう。特にビタミンが豊富で、血液を作るのに必要な葉酸、ビタミンAとして視力や抗酸化作用が期待できるβ-カロテン、皮膚や酵素の働きを助けるパントテン酸などが含まれています。タンパク質も含まれていますので、他の肉類と合わせることで、タンパク質のバランスを取りやすくできるでしょう。人間用の調理も簡単なものが多いので、旬の野菜を愛犬と一緒に味わってみましょう。

足りない栄養素を補うには

食材のみでもできる限り栄養バランスがとれるようには計算していますが、犬が健康を維持するために必要と言われる栄養基準を満たす設計にはなっていません。
AAFCO2016の栄養基準を満たすためには、このレシピではカルシウムリン亜鉛セレンコリンが不足しており、これらの栄養素は手作り食では不足しがちな栄養素になります。
リーリャの犬ごはんで販売しているサプリメントを追加すると不足している栄養素を簡単に補うことができます。
不足しがちな栄養素を補うための解説記事はこちらに記載しています。

このレシピの100gあたりの栄養素

約82.3kcal/100g(サプリメントなし)
約84.4kcal/100g(サプリメントあり)

栄養素単位サプリメントなしの栄養素量サプリメントありの栄養素量
粗タンパク質g6.0256.315
アルギニンg0.3560.357
ヒスチジンg0.3290.330
イソロイシンg0.2720.275
ロイシンg0.4460.449
リジンg0.4600.462
メチオニンg0.1560.179
メチオニン+シスチンg0.2300.233
フェニルアラニンg0.2640.266
フェニルアラニン+チロシンg0.4650.469
トレオニンg0.2870.290
トリプトファンg0.0770.078
バリンg0.3190.324
粗脂肪g3.3303.330
リノール酸g0.2400.240
カルシウムg0.0560.187
リンg0.0790.100
カリウムg0.3490.537
ナトリウムg0.0500.054
塩素g0.0730.073
マグネシウムg0.0480.053
mg1.6092.843
mg0.1200.272
マンガンmg0.3350.515
亜鉛mg0.5851.942
ヨウ素mg0.0180.041
セレンmg0.0040.011
ビタミンAIU2887.4692986.293
ビタミンDIU27.63636.666
ビタミンEIU2.5003.167
チアミンmg0.1210.136
リボフラビンmg0.2170.273
パントテン酸mg1.1451.382
ナイアシンmg2.3022.438
ピリドキシンmg0.2080.330
葉酸mg0.1230.125
ビタミンB12mg0.0030.005
コリンmg17.07317.073

※コリンは、さつまいも、かぼちゃ、ゴマ、にんじん、鶏レバー、ミニトマトの合算値で、あおさ、小松菜、ブリはデータがないため含んでいません。
参照:USDA FoodData Central

体重別給与量

このレシピで健康な成犬の一日の食事を与える場合の目安です。
詳細は、犬が一日で必要とするカロリー(エネルギー)や栄養素の計算方法をご確認ください。

※リーリャの犬ごはんで販売しているサプリメントを追加すると、このレシピの足りない栄養素を補いAAFCO2016の栄養基準に準拠したバランスの良い手作り犬ごはんにすることができます。
サプリメントについてはリーリャの犬ごはん通販サイトをご覧ください。

体重(kg)DER(kcal)1日分の給与量(g)1日分のサプリ使用量(g)
1112.0001361.1
2188.3612291.9
3255.3053102.5
4316.7843853.2
5374.4954553.7
6429.3705224.3
7481.9945864.8
8532.7656475.3
9581.9697075.8
10629.8227656.3
15853.66310378.5
201059.231128710.6
251252.198152212.5
301435.684174514.3
351611.644195816.1
401781.406216517.8
451945.931236519.4
502105.938255921.0

DER:1日あたりのエネルギー要求量

lilya編集部
lilya編集部
はじめまして!lilya(リーリャ)編集部です!このWEBサイトは犬が少しでも長く健康でいられるための情報を発信するメディアです。手作り犬ごはんや犬の健康情報を発信するInstagramもやっていますのでぜひフォローしてください!