手作り犬ごはんのレシピ

手作り犬ごはんレシピ:ゴマ香る野菜チャーハン

Instagramで手作り犬ごはんのレシピや犬の健康に関する情報を発信しているリーリャ編集部(@lilya_foods)と申します。手作り犬ごはんの基本については手作り犬ごはんの作り方・レシピや注意点(量や食材、味付けなど)を解説で詳しく説明しています。
今回は、手作り犬ごはんのレシピ、ゴマ香る野菜チャーハンをご紹介します。その他の犬ごはんのレシピに関する記事はこちらです。

このレシピの特徴

油とゴマを使って炒めることで香り高く仕上がり、嗜好性が高いレシピです。
また、炒めることで脂溶性のβ-カロテンが吸収しやすくなります。
穀物の代わりにじゃがいもを炭水化物源としていますので、穀物にアレルギーのある場合にも食べることができます。
ゴマには不足しがちなカルシウムが豊富に含まれています。
カボチャやブロッコリーは抗酸化作用が期待できますので、体を錆びさせないように健康を維持しましょう。
このレシピは約98kcal/100gです。

材料

豚もも 350g
鶏卵 50g
カボチャ 150g
ブロッコリー 50g
じゃがいも 50g
小松菜(茹で) 50g
トマト 50g
炒りごま 20g

作り方

①シュウ酸が気になる場合は小松菜を下茹でします。生の小松菜を約57g茹でて絞ると約50gになります。
②肉、野菜を細かくきります。卵は溶き卵にしておきます。ごまはすりごまに。
③フライパンに小さじ1の油(分量外)を温めます。
④卵、肉の順に入れ、パラパラになるまで炒める。
⑤ごま以外の残りの野菜を入れます。
⑥蓋をして全体に火が通るまで蒸し焼きにします。時折かき混ぜます。
⑦火が通ったら火を消して、ごまを入れて全体に馴染むよう混ぜる。
⑧冷めたら完成!

料理のコツ・ポイント

肉、卵はパラパラになるように炒めることで、粒が小さくなり食べやすくなり、一食の内容量が均一になりやすくなります。
細かく切るときはフードプロセッサーを使うと便利です。
炒めることで脂溶性のβ-カロテンが効率的に吸収できるようになります。
肉類も細かく切ると食材から水分が出やすくなり、他の食材から水分が出ますが、焦げつきそうな場合は水を少量加えて蒸し焼きにしてください。
ゴマはすりゴマにしてから加えるようにしないと、吸収されずに便として出てしまいます。酸化しやすいので調理の直前にするようにしましょう。

注目食材

ブロッコリー

ブロッコリーにはβ-カロテン、スルフォラファン、ビタミンC、葉酸などが含まれています。
β-カロテンはビタミンAとして機能し、視力のサポートや、がんを抑制する抗酸化作用があると言われています。また、皮膚や粘膜を正常に維持する働きもあります。油に溶けやすいので、炒めたりすると効果的に吸収できます。
ブロッコリーに含まれるグルコラファニンという成分が、体内の酵素によりスルフォラファンに変換されます。スルファラファンは抗酸化作用や抗菌作用などがあり、がんを抑制する効果にも期待されています。
美容でよく聞くビタミンCは、コラーゲンの生成に関わり、筋肉や皮膚、骨、歯などを強化してくれます。
葉酸は血液を作ったり、DNAの合成にも関わっています。
体内で合成されますが、体内に蓄積される量が少ないこともあり食事からの摂取が必要です。また、ビタミンB6・ビタミンB12とともにメチオニンの合成に関わり、動脈硬化の抑制にも期待されています。

足りない栄養素を補うには

手作り食では食材のローテーションや中長期的なバランスを目指すため、1食ごとに栄養基準を満たす設計にしていません。
AAFCO2016の栄養基準を満たすためには、このレシピではカルシウムヨウ素ビタミンAビタミンB12が不足しており、これらの栄養素は手作り食では不足しがちな栄養素になります。
不足しがちな栄養素を補うための解説記事はこちらに記載しています。

このレシピの100gあたりの栄養素(乾物あたり)

約98kcal/100g(代謝エネルギー)

栄養素単位栄養計算
粗タンパク質g18.843
アルギニンg1.286
ヒスチジンg0.738
イソロイシンg0.845
ロイシンg1.461
リジンg1.543
メチオニンg0.515
メチオニン+シスチンg0.764
フェニルアラニンg0.774
フェニルアラニン+チロシンg1.447
トレオニンg0.862
トリプトファンg0.243
バリンg0.974
粗脂肪g7.662
リノール酸g1.418
カルシウムg0.082
リンg0.225
カリウムg1.667
ナトリウムg0.549
塩素g0.052
マグネシウムg0.080
mg0.048
mg1.610
マンガンmg0.182
亜鉛mg0.243
ヨウ素mg2.073
セレンmg0.004
ビタミンAIU0.021
ビタミンDIU77.940
ビタミンEIU18.220
チアミンmg3.577
リボフラビンmg0.750
パントテン酸mg0.265
ナイアシンmg1.181
ピリドキシンmg5.654
葉酸mg0.395
ビタミンB12mg0.061

※コリンは、卵、ブロッコリー、じゃがいも、ごま、トマト、豚もも、カボチャの合算値で、小松菜はデータがないため含んでいません。
参照:USDA FoodData Centra

体重別給与量

このレシピで健康な成犬の一日の食事を与える場合の目安です。
詳細は、犬が一日で必要とするカロリー(エネルギー)や栄養素の計算方法をご確認ください。

体重(kg)DER(kcal)1日給与量(g)
1112.000113
2188.361191
3255.305258
4316.784321
5374.495379
6429.370435
7481.994488
8532.765539
9581.969589
10629.822637
15853.663864
201059.2311072
251252.1981267
301435.6841453
351611.6441631
401781.4061803
451945.9311969
502105.9382131
lilya編集部
lilya編集部
はじめまして!lilya(リーリャ)編集部です!このWEBサイトは犬が少しでも長く健康でいられるための情報を発信するメディアです。手作り犬ごはんや犬の健康情報を発信するInstagramもやっていますのでぜひフォローしてください!