犬ごはんの食材解説

【ブロッコリー】手作り犬ごはんの食材解説(犬にあげていいか?、調理のポイント、栄養について)

Instagramで手作り犬ごはんのレシピや犬の健康に関する情報を発信しているリーリャ編集部(@lilya_foods)と申します。手作り犬ごはんの基本については手作り犬ごはんの作り方・レシピや注意点(量や食材、味付けなど)を解説で詳しく説明しています。
今回は、犬ごはんの食材のうち、ブロッコリーについて解説します。その他の犬ごはんの食材に関する記事はこちらです。

ブロッコリーを犬にあげていいか?あげる場合の注意点

ブロッコリーは犬にあげても大丈夫な食材です。生でも食べられますが、硬いので加熱し、のどに詰まらないサイズに切ってからあげましょう。茎の部分も食べることができます。
茹でる場合は水溶性ビタミンがにげてしまうので、なるべく短時間にしましょう。
ブロッコリースプラウトも食べることができますが、高濃度に含まれている栄養素もありますので、あげすぎには注意しましょう。
また、ブロッコリーにもシュウ酸が含まれていますので、気になる場合は茹でてシュウ酸を減らしてからあげた方が良いでしょう。
ゴイトロゲンという成分が、甲状腺ホルモンの生成に必要なヨウ素の吸収を阻害するため、甲状腺に疾患のある場合は避けた方が無難です。

ブロッコリーに含まれている栄養素と主な効果

ブロッコリーの代表的な栄養素は、β-カロテン、スルフォラファン、ビタミンC葉酸などが含まれています。

β-カロテン

β-カロテンはビタミンAとして機能し、視力のサポートや、がんを抑制する抗酸化作用があると言われています。また、皮膚や粘膜を正常に維持する働きもあります。油に溶けやすいので、炒めたりすると効果的に吸収できます。
ちなみにブロッコリースプラウトには生のブロッコリーの約1.5倍含まれています。

スルフォラファン

ブロッコリーに含まれるグルコラファニンという成分が、体内の酵素によりスルフォラファンに変換されます。スルファラファンは抗酸化作用や抗菌作用などがあり、がんを抑制する効果にも期待されています。

ビタミンC

美容でよく聞くビタミンCは、コラーゲンの生成に関わり、筋肉や皮膚、骨、歯などを強化してくれます。また、免疫機能をサポートする働きがあるので、感染症予防にも役立ちます。ストレスが加わると大量に消費されるためストレスへの抵抗力を高めるためにも有効です。

葉酸

血液を作ったり、DNAの合成にも関わっています。
体内で合成されますが、体内に蓄積される量が少ないこともあり食事からの摂取が必要です。また、ビタミンB6・ビタミンB12とともにメチオニンの合成に関わり、動脈硬化の抑制にも期待されています。

おすすめの調理方法や食材との組合せ

ピーマンやじゃがいもと合わせてビタミンCをプラス。小さめに切って短時間の加熱にするようにしましょう。
β-カロテンは脂溶性なので炒めたりお肉と一緒に摂ると効率よく吸収できます。

こんな子におすすめ

抗酸化作用を期待したい。
がん予防をしたい。

100g当たりの栄養成分

出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)
※コリンは米国農務省FoodData Centralを参照

栄養素単位成分値(生)成分値(茹で)成分値(ブロッコリースプラウト)
粗タンパク質g5.4003.9001.900
アルギニンg0.3300.2300.110
ヒスチジンg0.1300.0900.044
イソロイシンg0.1700.1200.058
ロイシンg0.2700.1900.092
リジンg0.2800.2000.097
メチオニンg0.0760.0540.026
メチオニン+シスチンg0.1330.0950.046
フェニルアラニンg0.1800.1300.063
フェニルアラニン+チロシンg0.3000.2150.105
トレオニンg0.1900.1300.067
トリプトファンg0.0590.0420.020
バリンg0.2400.1700.084
粗脂肪g0.6000.4000.600
リノール酸g0.0340.0260.036
カルシウムg0.0500.0410.057
リンg0.1100.0740.060
カルシウム:リン比2.2001.8051.053
カリウムg0.4600.2100.100
ナトリウムg0.0070.0050.004
塩素g
マグネシウムg0.0290.0170.032
mg1.3000.9000.700
mg0.1000.0600.030
マンガンmg0.2800.2000.370
亜鉛mg0.8000.4000.400
ヨウ素mg0.0000.0000.000
セレンmg0.0020.0010.000
ビタミンAIU0.0000.0000.000
ビタミンDIU0.0000.0000.000
ビタミンEIU4.4704.0232.831
チアミンmg0.1700.0600.080
リボフラビンmg0.2300.0900.110
パントテン酸mg1.4200.7400.520
ナイアシンmg1.0000.4001.300
ピリドキシンmg0.30.140.2
葉酸mg0.2200.1200.074
ビタミンB12mg0.0000.0000.000
コリンmg18.740.114.4
lilya編集部
lilya編集部
はじめまして!lilya(リーリャ)編集部です!このWEBサイトは犬が少しでも長く健康でいられるための情報を発信するメディアです。手作り犬ごはんや犬の健康情報を発信するInstagramもやっていますのでぜひフォローしてください!