手作り犬ごはんのレシピ

手作り犬ごはんレシピ:豚ももとアスパラガスごはん

Instagramで手作り犬ごはんのレシピや犬の健康に関する情報を発信しているリーリャ編集部(@lilya_foods)と申します。手作り犬ごはんの基本については手作り犬ごはんの作り方・レシピや注意点(量や食材、味付けなど)を解説で詳しく説明しています。
今回は、手作り犬ごはんのレシピ、豚肉とアスパラガスをご紹介します。その他の犬ごはんのレシピに関する記事はこちらです。

このレシピの特徴

肉類の他にも煮干しや椎茸のうま味も合わさって嗜好性が高いレシピです。にんじんやアスパラガスにはβ-カロテンが豊富に含まれています。脂溶性なので炒めることで効率よく吸収することができます。煮干しはカルシウムとリンがバランスよく含まれていますので、不足しやすいカルシウムを補いましょう。
このレシピは約90.1kcal/100gです。

サプリメントを追加することでAAFCO2016の栄養基準を満たすことが可能です

このレシピは、そのままでもできる限り栄養バランスがとれるように計算していますが、リーリャの犬ごはん マルチビタミン&ミネラルを追加することで犬の栄養基準を満たすことができるように設計されています。この栄養基準を満たすことで犬は健康を維持することができ、一方で長期的に足りない栄養素があると体に不調をきたしたりしますが、一般的な食材だけでは栄養基準を満たすことが困難です。そのため、専用サプリメントをご用意しましたので、ぜひ一度ご検討ください。
〈サプリメント販売ページ〉
https://shop.lilya.jp/products/mv-mineral

材料

体重4kgの避妊・去勢済みの成犬の1日分を基準としています。

豚もも 62g
鶏卵 23g
炊いた白米 47g
じゃがいも 66g
カボチャ 37g
ミニトマト 47g
しいたけ 37g
アスパラガス 23g
煮干し 4g
すりゴマ 3g
(サプリメントを追加する場合)
リーリャの犬ごはん マルチビタミン&ミネラル 3.2g

それぞれの体重・ライフステージに合わせた量について

体重やライフステージによって1日に必要なエネルギー(カロリー)が異なります。
下記の表は4kgの成犬を1とした時のそれぞれの係数です。
体重・ライフステージに合わせて表内の数字を、このレシピの各材料にかけて1日の量の目安にしてください。

例:4kgの肥満傾向の犬
豚もも肉・・・62g×0.9=55.8g
鶏卵・・・23g×0.9=63g
炊いた白米・・・47g×0.9=42.3g
サプリメント・・・3.2g×0.9=2.8g

体重(kg)避妊・去勢済みの成犬非避妊・非去勢の成犬肥満傾向・シニア犬
10.40.40.3
20.60.70.5
30.80.90.7
41.01.10.9
51.21.31.0
61.41.51.2
71.51.71.3
81.71.91.5
91.82.11.6
102.02.21.7
152.73.02.4
203.33.82.9
254.04.43.5
304.55.14.0
355.15.74.5
405.66.34.9
456.16.95.4
506.67.55.8

作り方

①材料を細かくカットして計量します。
※アスパラガスは根本の硬い部分を切り落とし、スジの硬い部分の皮をピーラーなどで剥きます
②鍋に豚ももを入れ弱火で熱します。
③トマトも入れて潰しながら混ぜ、蓋をして水分が出るのを待ちます。
④水分が出てきたらじゃがいも、カボチャ、椎茸を入れて混ぜ合わせます。
⑤全体に火が通るように、混ぜる→蓋をするを数回繰り返します。
⑥アスパラガス、お米を入れて混ぜ合わせます。
⑦煮干し、炒りゴマ、溶き卵を入れて混ぜ合わせます。
⑧火が通ったら完成です。
※サプリメントは食べる時に、一食分に必要量を混ぜてあげてください。

料理のコツ・ポイント

豚肉はパラパラになるように炒めることで、粒が小さくなり食べやすくなり、一食の内容量が均一になりやすくなります。
細かく切るときはフードプロセッサーを使うと便利です。
アスパラガスは加熱しすぎると発がん性物質(アクリルアミド)が増えるという報告があるため、後に入れています。
炒めることで脂溶性のβ-カロテンが効率的に吸収できるようになります。
肉類も細かく切ると食材から水分が出やすくなります。
ゴマはすりごまを使わないと便としてそのまま出てしまいます。

注目食材

アスパラガス

アスパラガスにはアスパラギン酸、ルチン、β-カロテン、葉酸などが含まれています。
アスパラギン酸は疲労回復や免疫力アップが期待できる成分です。人間用の栄養ドリンクにも含まれていることが多いです。ルチンは蕎麦に含まれていることで有名ですが、アスパラガスにも含まれえています。高血圧の予防や血管の強化が期待できます。β-カロテンはビタミンAとして機能し、視力のサポートや、がんを抑制する抗酸化作用があると言われています。また、皮膚や粘膜を正常に維持する働きもあります。油に溶けやすいので、炒めたりすると効果的に吸収できます。葉酸は血液を作ったり、DNAの合成にも関わっています。体内で合成されますが、体内に蓄積される量が少ないこともあり食事からの摂取が必要です。

足りない栄養素を補うには

食材のみでもできる限り栄養バランスがとれるようには計算していますが、犬が健康を維持するために必要と言われる栄養基準を満たす設計にはなっていません。
AAFCO2016の栄養基準を満たすためには、このレシピではカルシウム亜鉛ヨウ素ビタミンAが不足しており、これらの栄養素は手作り食では不足しがちな栄養素になります。
リーリャの犬ごはんで販売しているサプリメントを追加すると不足している栄養素を簡単に補うことができます。
不足しがちな栄養素を補うための解説記事はこちらに記載しています。

このレシピの100gあたりの栄養素

約90.1kcal/100g(サプリメントなし)
約92.4kcal/100g(サプリメントあり)

栄養素単位サプリメントなしの栄養素量サプリメントありの栄養素量
粗タンパク質g8.5658.875
アルギニンg0.5760.577
ヒスチジンg0.3080.308
イソロイシンg0.3980.401
ロイシンg0.6860.690
リジンg0.6970.698
メチオニンg0.2270.252
メチオニン+シスチンg0.3440.347
フェニルアラニンg0.3710.373
フェニルアラニン+チロシンg0.6980.702
トレオニンg0.4210.425
トリプトファンg0.1120.113
バリンg0.4520.458
粗脂肪g2.7512.751
リノール酸g0.4280.428
カルシウムg0.0450.188
リンg0.1120.135
カリウムg0.3140.515
ナトリウムg0.0400.045
塩素g0.0620.062
マグネシウムg0.0240.030
mg0.8732.205
mg0.1010.266
マンガンmg0.1560.349
亜鉛mg1.0772.563
ヨウ素mg0.0030.028
セレンmg0.0070.015
ビタミンAIU46.724155.028
ビタミンDIU21.10030.997
ビタミンEIU1.2842.015
チアミンmg0.2730.289
リボフラビンmg0.1210.183
パントテン酸mg0.6190.873
ナイアシンmg2.6842.830
ピリドキシンmg0.1910.323
葉酸mg0.0320.034
ビタミンB12mg0.0010.001
コリンmg37.75937.759

※コリンは、豚もも、鶏卵、炊いた米、じゃがいも、カボチャ、ミニトマト、椎茸、アスパラガスの合算値で、煮干しはデータがないため含んでいません。
参照:USDA FoodData Centra

体重別給与量

このレシピで健康な成犬の一日の食事を与える場合の目安です。
詳細は、犬が一日で必要とするカロリー(エネルギー)や栄養素の計算方法をご確認ください。

※リーリャの犬ごはんで販売しているサプリメントを追加すると、このレシピの足りない栄養素を補いAAFCO2016の栄養基準に準拠したバランスの良い手作り犬ごはんにすることができます。
サプリメントについてはリーリャの犬ごはん通販サイトをご覧ください。

体重(kg)DER(kcal)1日の給与量(g)1日のサプリ使用量(g)
1112.0001241.1
2188.3612091.9
3255.3052832.5
4316.7843513.2
5374.4954153.7
6429.3704764.3
7481.9945344.8
8532.7655915.3
9581.9696455.8
10629.8226986.3
15853.6639478.5
201059.231117510.6
251252.198138812.5
301435.684159214.3
351611.644178716.1
401781.406197517.8
451945.931215819.4
502105.938233521.0
DER:1日あたりのエネルギー要求量

lilya編集部
lilya編集部
はじめまして!lilya(リーリャ)編集部です!このWEBサイトは犬が少しでも長く健康でいられるための情報を発信するメディアです。手作り犬ごはんや犬の健康情報を発信するInstagramもやっていますのでぜひフォローしてください!