手作り犬ごはんのレシピ

【健康な皮膚・被毛に】手作り犬ごはんレシピ:馬肉と卵のごはん|亜鉛を補給

Instagramで手作り犬ごはんのレシピや犬の健康に関する情報を発信しているリーリャ編集部(@lilya_foods)と申します。手作り犬ごはんの基本については手作り犬ごはんの作り方・レシピや注意点(量や食材、味付けなど)を解説で詳しく説明しています。
今回は、手作り犬ごはんのレシピ、馬肉と卵のごはんをご紹介します。その他の犬ごはんのレシピに関する記事はこちらです。

このレシピの特徴

低脂質で亜鉛が豊富な馬肉を使ったレシピです。亜鉛は健康な皮膚や被毛に関係する栄養素で、手作り犬ごはんでは不足しやすい栄養素のひとつです。食品だけで不足させないようにするには難しいですが、補給に役立てましょう。亜鉛自体は牛肉など他の肉類にも含まれていますが、脂質が高かったり、アレルギーが出る子が多い食材もあります。その点馬肉は脂質が低いので、ダイエット中やお腹の弱い子でも取り入れやすい食材となっています。
このレシピは約100.2kcal/100gです。

サプリメントを追加することでAAFCO2016の栄養基準を満たすことが可能です

このレシピは、そのままでもできる限り栄養バランスがとれるように計算していますが、リーリャの犬ごはん マルチビタミン&ミネラルを追加することで犬の栄養基準を満たすことができるように設計されています。この栄養基準を満たすことで犬は健康を維持することができ、一方で長期的に足りない栄養素があると体に不調をきたしたりしますが、一般的な食材だけでは栄養基準を満たすことが困難です。そのため、専用サプリメントをご用意しましたので、ぜひ一度ご検討ください。
〈サプリメント販売ページ〉
https://shop.lilya.jp/products/mv-mineral

材料

体重4kgの避妊・去勢済みの成犬の1日分を基準としています。
馬肉(赤身) 86g
茹で卵 48g
炊いた白米 78g
カボチャ 48g
水菜 42g
すりゴマ 3g
(サプリメントを追加する場合)
リーリャの犬ごはん マルチビタミン&ミネラル 3.2g

それぞれの体重・ライフステージに合わせた量について

体重やライフステージによって1日に必要なエネルギー(カロリー)が異なります。

体重とライフステージを入力するとレシピの分量を何倍にしたらいいのか表示するシミュレーターです。

ご家庭のわんちゃんの場合のレシピの分量の倍率が計算できます。

kg

小数点なしで入力してください。小数点以下の数字は四捨五入されます。

授乳期の場合は子犬の数で変化します。数字は最低限の目安なので獣医に相談してください。
シニア期は年齢の幅も広く、個体差も大きいです。シニア期の数値は初期設定の数値とし、体重・体型の増減を見て調節することをおすすめします。

レシピページの食材の分量を倍にすると1日分になります


また、下記の表は4kgの成犬を1とした時のそれぞれの係数です。
体重・ライフステージに合わせて表内の数字を、このレシピの各材料にかけて1日の量の目安にしてください。

例:4kgの肥満傾向の犬
馬肉(赤身)・・・86g×0.9=77.4g
茹で卵・・・48g×0.9=43.2g
炊いた白米・・・78g×0.9=70.2g
サプリメント・・・3.2g×0.9=2.8g

各食材の割合
体重(kg)避妊・去勢済みの成犬非避妊・非去勢の成犬肥満傾向・シニア犬
10.40.40.3
20.60.70.5
30.80.90.7
41.01.10.9
51.21.31.0
61.41.51.2
71.51.71.3
81.71.91.5
91.82.11.6
102.02.21.7
152.73.02.4
203.33.82.9
254.04.43.5
304.55.14.0
355.15.74.5
405.66.34.9
456.16.95.4
506.67.55.8

作り方

①卵は茹で卵にしておきます。
②食材を細かくカットして計量します。
③鍋に水(50cc)を入れ、カットした食材を入れます。蓋をして弱火で10〜15分ほど加熱します。
④火が通ったら、炊いた白米とすりゴマを入れてよく混ぜたら完成です。
※サプリメントは食べる時に、一食分に必要量を混ぜてあげてください。

料理のコツ・ポイント

茹で卵は好みの固さで構いませんが、固茹での方が扱いやすいです。

注目食材

馬肉

馬肉はドッグフードの原料としても使われ、鉄や亜鉛などのミネラルが豊富です。中でも亜鉛は、健康な皮膚や被毛に役立ちます。亜鉛は牛肉や豚肉にも含まれていますが、脂質が低い肉類の中では多く含まれているので、ダイエット中やお腹の弱い子には取り入れやすい食材と言えます。

足りない栄養素を補うには

食材のみでもできる限り栄養バランスがとれるようには計算していますが、犬が健康を維持するために必要と言われる栄養基準を満たす設計にはなっていません。
AAFCO2016の栄養基準を満たすためには、このレシピではカルシウム、銅、亜鉛、ヨウ素、ビタミンAが不足しており、これらの栄養素は手作り食では不足しがちな栄養素になります。
リーリャの犬ごはんで販売しているサプリメントを追加すると不足している栄養素を簡単に補うことができます。
また、不足しがちな栄養素を補うための解説記事はこちらに記載しています。

このレシピの100gあたりの栄養素

約100.2kcal/100g(サプリメントなし)
約102.7kcal/100g(サプリメントあり)

栄養素単位サプリメントなしの栄養素量サプリメントありの栄養素量
粗タンパク質g9.0769.076
アルギニンg0.6150.615
ヒスチジンg0.3720.372
イソロイシンg0.4420.442
ロイシンg0.7550.755
リジンg0.7410.741
メチオニンg0.2520.280
メチオニン+シスチンg0.3830.383
フェニルアラニンg0.4180.418
フェニルアラニン+チロシンg0.7600.760
トレオニンg0.4370.437
トリプトファンg0.1200.120
バリンg0.5190.519
粗脂肪g3.0123.012
リノール酸g0.4510.451
カルシウムg0.0550.167
リンg0.1050.124
カリウムg0.2500.257
ナトリウムg0.0420.042
塩素g0.0640.064
マグネシウムg0.0200.021
mg1.9242.481
mg0.1020.238
マンガンmg0.1870.219
亜鉛mg1.2902.844
ヨウ素mg0.0040.030
セレンmg0.0100.017
ビタミンAIU92.393212.124
ビタミンDIU15.73826.738
ビタミンEIU1.9452.757
チアミンmg0.0700.077
リボフラビンmg0.1560.210
パントテン酸mg0.7060.715
ナイアシンmg2.0712.071
ピリドキシンmg0.0920.092
葉酸mg0.0370.037
ビタミンB12mg0.0020.004
コリンmg38.90638.906

※コリンは、茹で卵、お米、カボチャ、ゴマの合算値で、馬肉、水菜はデータがないため含んでいません。
参照:USDA FoodData Central

体重別給与量

このレシピでの健康な成犬の一日分の目安量です。
詳細は、犬が一日で必要とするカロリー(エネルギー)や栄養素の計算方法をご確認ください。

※リーリャの犬ごはんで販売しているサプリメントを追加すると、このレシピの足りない栄養素を補いAAFCO2016の栄養基準に準拠したバランスの良い手作り犬ごはんにすることができます。
サプリメントについてはリーリャの犬ごはん通販サイトをご覧ください。

体重(kg)DER(kcal)1日分の給与量(g)1日分のサプリ使用量(g)
1112.0001091.1
2188.3611831.9
3255.3052492.5
4316.7843083.2
5374.4953653.7
6429.3704184.3
7481.9944694.8
8532.7655195.3
9581.9695665.8
10629.8226136.3
15853.6638318.5
201059.231103110.6
251252.198121912.5
301435.684139714.3
351611.644156916.1
401781.406173417.8
451945.931189419.4
502105.938205021.0

DER:1日あたりのエネルギー要求量

lilya編集部
lilya編集部
はじめまして!lilya(リーリャ)編集部です!このWEBサイトは犬が少しでも長く健康でいられるための情報を発信するメディアです。手作り犬ごはんや犬の健康情報を発信するInstagramもやっていますのでぜひフォローしてください!