犬ごはんの食材解説

【鮭・サーモン】手作り犬ごはんの食材解説(犬にあげていいか?、調理のポイント、栄養について)

Instagramで手作り犬ごはんのレシピや犬の健康に関する情報を発信しているリーリャ編集部(@lilya_foods)と申します。手作り犬ごはんの基本については手作り犬ごはんの作り方・レシピや注意点(量や食材、味付けなど)を解説で詳しく説明しています。
今回は、犬ごはんの食材のうち、鮭・サーモンについて解説します。その他の犬ごはんの食材に関する記事はこちらです。

鮭・サーモンを犬にあげていいか?あげる場合の注意点

鮭・サーモンは犬にあげても大丈夫な食材です。様々な種類がある鮭・サーモンですが、どちらも同じサケ科です。日本で一般的なものは白鮭で、収穫時期によって秋鮭や時鮭と呼び方が変わります。銀鮭は養殖されているものがほとんどで、サーモンとともに脂質が高い傾向があります。味付けされた塩鮭(甘口、辛口など)よりも味付けされていない生鮭を選びましょう。
サーモンは基本的に生でも食べることができますが、寄生虫の可能性もないとは言えないので加熱したほうが安全です。もちろん、骨が残っていないかも注意しましょう。
通年で流通しているので肉類以外のたんぱく質源として、手作りフードに取り入れやすい食材と言えます。
また、赤い身の色素であるアスタキサンチンは抗酸化作用があり、肥満予防や肝機能改善を期待したサプリメントも作られています。

鮭・サーモンに含まれている栄養素と主な効果

鮭・サーモンの代表的な栄養素にはたんぱく質ビタミンDビタミンB12DHA・EPAなどが含まれています。

たんぱく質

筋肉や臓器、皮膚など体の基本となる組織を作り、生命活動を維持するために必要な栄養素です。成長促進や免疫力の向上など身体的なこと以外に脳の活性化や精神の安定などにも影響します。肉類と同じく、魚類もアミノ酸のバランスが良く良質なたんぱく質です。筋が少ないので消化しやすいと言われています。

ビタミンD

カルシウムやリンの吸収を促進させる働きがあり、丈夫な骨づくりに必要なビタミンです。
成長期には特に重要になります。また血中カルシウム濃度の調整にも深くかかわっています。カルシウムの摂取が十分で、ビタミンDが正常に機能していれば歯や骨の健康が維持されるだけでなく、ストレス解消などにも貢献します。
摂りすぎると下痢や嘔吐などの過剰症があり、AAFCOの栄養基準にも上限値が設けられています。偏った取り入れ方やサプリとの併用する際は注意が必要です。

ビタミンB12

ビタミンB12は水溶性ビタミンの一つで、葉酸と一緒に血液を作ります。
たんぱく質の合成にも欠かせない成分で、細胞の増殖やDNAの生成をサポートします。
植物には微量しか含まれない成分のため、肉類・魚介類からの摂取が中心となります。そのため、人間ではベジタリアンやヴィーガンの場合は不足する可能性があります。

DHA・EPA

テレビなどでもよく見かける栄養素でDHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸のことを指します。オメガ3脂肪酸で、海水魚の魚油に多く含まれています。炎症を抑える作用や、がんを抑制したり脳機能を向上させるなどの効果があるとされています。

おすすめの調理方法や食材との組合せ

トマトやピーマンなどの緑黄色野菜と合わせて抗酸化作用をプラス
ごまやひじきと合わせてカルシウムをプラス

こんな子におすすめ

痴呆予防や脳の活性化をしたい。
運動量が多く、身体作りをしたい。

100g当たりの栄養成分

出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)
※コリンは米国農務省FoodData Centralを参照

栄養素単位白鮭紅鮭銀鮭サーモン
粗タンパク質g22.30022.50019.60020.100
アルギニンg1.3001.4001.2001.300
ヒスチジンg1.0000.6100.8900.540
イソロイシンg1.0001.0000.8600.900
ロイシンg1.7001.8001.5001.500
リジンg2.0002.1001.7001.800
メチオニンg0.6900.7000.5900.590
メチオニン+シスチンg0.9300.9600.7900.800
フェニルアラニンg0.8900.8900.7900.810
フェニルアラニン+チロシンg1.6701.6501.4701.520
トレオニンg1.1000.9900.9601.000
トリプトファンg0.2500.2500.2200.230
バリンg1.2001.1001.0001.100
粗脂肪g4.1004.50012.80016.500
リノール酸g0.0380.0561.5002.200
カルシウムg0.0140.0100.0120.009
リンg0.2400.2600.2900.240
カルシウム:リン比17.14326.00024.16726.667
カリウムg0.3500.3800.3500.370
ナトリウムg0.0660.0570.0480.043
塩素g
マグネシウムg0.0280.0310.0250.027
mg0.5000.4000.3000.300
mg0.0700.0700.0500.050
マンガンmg0.0100.0100.0100.010
亜鉛mg0.5000.5000.6000.500
ヨウ素mg0.0050.0000.0090.005
セレンmg0.0310.0000.0290.019
ビタミンAIU36.66790.000120.00046.667
ビタミンDIU1280.0001320.000600.000332.000
ビタミンEIU1.7881.9372.6825.662
チアミンmg0.1500.2600.1500.230
リボフラビンmg0.2100.1500.1400.100
パントテン酸mg1.2701.2301.3701.310
ナイアシンmg6.7006.0005.3007.400
ピリドキシンmg0.640.410.320.45
葉酸mg0.0200.0130.0090.027
ビタミンB12mg0.0060.0090.0050.007
コリンmg情報なし情報なし情報なし78.5
lilya編集部
lilya編集部
はじめまして!lilya(リーリャ)編集部です!このWEBサイトは犬が少しでも長く健康でいられるための情報を発信するメディアです。手作り犬ごはんや犬の健康情報を発信するInstagramもやっていますのでぜひフォローしてください!