犬ごはんの食材解説

【セロリ】手作り犬ごはんの食材解説(犬にあげていいか?、調理のポイント、栄養について)

Instagramで手作り犬ごはんのレシピや犬の健康に関する情報を発信しているリーリャ編集部(@lilya_foods)と申します。手作り犬ごはんの基本については手作り犬ごはんの作り方・レシピや注意点(量や食材、味付けなど)を解説で詳しく説明しています。
今回は、犬ごはんの食材のうち、セロリについて解説します。その他の犬ごはんの食材に関する記事はこちらです。

セロリを犬にあげていいか?あげる場合の注意点

セロリは犬にあげても大丈夫な食材です。
加熱しても生でも食べることができますが、香りの強い野菜のため様子を見て、少しずつあげるようにしましょう。
茎の部分はスジを取り除き、飲み込みやすい大きさに切ってあげた方が食べやすくなります。茎に比べると、葉の部分の方が栄養価が高いと言われています。香りも強いですが、食べるようであれば一緒にあげてみましょう。

セロリに含まれている栄養素と主な効果

セロリの代表的な栄養素は、食物繊維カリウム、香り成分などが含まれています。

食物繊維

食物繊維の大半は吸収されずに体外に出てしまいますが、腸内で水分を吸収する過程で有害物質を吸着して排出を促します。また、毒素を分解する腸内細菌の活動を助ける役割もあるため排便がスムーズになり、便秘解消といった働きもあります。その他、生活習慣病予防や肥満防止など犬の健康維持には欠かせません。

カリウム

ナトリウムとともに体内のph値の調整や水分の代謝に関わります。また、余分なナトリウムを体外に排出してくれます。
通常は腎臓の働きによって体外に排出されるため、過剰になることはありませんが、腎臓が正常な状態ではない場合は過剰になる可能性があります。

香り成分

セロリの香りは、アピインやセネリンという成分からできています。精神を落ち着かせる沈静効果があり、イライラや頭痛を和らげる効能があります。これは犬にも効果が期待できると言われています。

おすすめの調理方法や食材との組合せ

水分量も多いのでスジをとって、水分補給も兼ねておやつとしても向いています。
加熱すると繊維も柔らかくなるので、日々の手作りごはんやトッピングにも取り入れやすいです。

こんな子におすすめ

デトックス効果を取り入れたい。
鎮静効果を取り入れたい。

100g当たりの栄養成分

出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)
*コリンは米国農務省FoodData Centralを参照

栄養素単位栄養計算
粗タンパク質g0.400
アルギニンg0.013
ヒスチジンg0.009
イソロイシンg0.016
ロイシンg0.023
リジンg0.021
メチオニンg0.004
メチオニン+シスチンg0.007
フェニルアラニンg0.014
フェニルアラニン+チロシンg0.026
トレオニンg0.017
トリプトファンg0.006
バリンg0.024
粗脂肪g0.100
リノール酸g0.028
カルシウムg0.039
リンg0.039
カルシウム:リン比1.000
カリウムg0.410
ナトリウムg0.028
塩素g
マグネシウムg0.009
mg0.200
mg0.030
マンガンmg0.110
亜鉛mg0.200
ヨウ素mg0.001
セレンmg0.000
ビタミンAIU0.000
ビタミンDIU0.000
ビタミンEIU0.298
チアミンmg0.030
リボフラビンmg0.030
パントテン酸mg0.260
ナイアシンmg0.000
ピリドキシンmg0.08
葉酸mg0.029
ビタミンB12mg0.000
コリンmg6.100
lilya編集部
lilya編集部
はじめまして!lilya(リーリャ)編集部です!このWEBサイトは犬が少しでも長く健康でいられるための情報を発信するメディアです。手作り犬ごはんや犬の健康情報を発信するInstagramもやっていますのでぜひフォローしてください!