犬ごはんの食材解説

【豚肉】手作り犬ごはんの食材解説(犬にあげていいか?、調理のポイント、栄養について)

Instagramで手作り犬ごはんのレシピや犬の健康に関する情報を発信しているリーリャ編集部(@lilya_foods)と申します。手作り犬ごはんの基本については手作り犬ごはんの作り方・レシピや注意点(量や食材、味付けなど)を解説で詳しく説明しています。
今回は、犬ごはんの食材のうち、豚肉について解説します。その他の犬ごはんの食材に関する記事はこちらです。

豚肉を犬にあげていいか?あげる場合の注意点

豚肉は犬にあげても大丈夫な食材です。ドライフードの原料としてもよく使われており、ヒトにとっても馴染み深い食材です。生肉をフードとしてあげる、生食の人気が高まっていますが、豚肉は生であげてはいけません。スーパーなどで売られている生の豚肉は加熱して食べることが前提で、そのままでは感染症や食中毒になってしまう恐れがあります。
部位によって、たんぱく質や脂質などに差がありますので、手作りごはんではその時の体調や食べ合わせに踏まえて選ぶと良いでしょう。

豚肉に含まれている栄養素と主な効果

豚肉の代表的な栄養素は、たんぱく質脂肪ビタミンB1コリンなどが含まれます。

たんぱく質

筋肉や臓器、皮膚など体の基本となる組織を作り、生命活動を維持するために必要な栄養素です。成長促進や免疫力の向上など身体的なこと以外に脳の活性化や精神の安定などにも影響します。
肉や魚に含まれる動物性たんぱく質は必須アミノ酸がバランスよく含まれるので効率よく摂取することができます。ただ、動物性たんぱく質には脂肪やコレステロールも多く含まれているため、気になる場合は豆類や穀類などに含まれている植物性たんぱく質と組み合わせてみてください。

脂肪

少量でエネルギーを効率よく得ることができる一方で、過剰にとると肥満になります。適量であれば動脈硬化予防や生活習慣病予防、脳の機能維持などメリットがとてもある栄養素です。
ダイエットの時は脂肪分をあげないほうが良いと考えている方もいますが、本当にまったく脂肪分を与えないでいると皮膚がかさつき、体調不良になってしまいます。

ビタミンB1

ビタミンB1はエネルギー源となる糖質を分解して代謝を助ける役割があり、疲労を回復する役割もあります。
糖質を分解してエネルギーに変換する役割があります。そのため糖質を摂取してもビタミンB1が不足していると、糖質をエネルギーに変えることができません。また糖質の代謝が滞ると乳酸などの疲労物質が蓄積するため疲れやすくなってしまいます。運動直後やエネルギー消費が多い時は積極的に取り入れたい栄養素です。

コリン

コリンはリンと結合してレシチンとなり細胞膜や神経組織のもとになります。また神経伝達物質であるアセチルコリンの材料にもなります。
レシチンはコレステロールの沈着を抑制する作用があり、アセチルコリンには血液の循環を良くする作用があります。そのため、コリンの摂取は動脈硬化や脂肪肝の予防に有効です。コリンは体内でも合成されていますが、要求量が多いため必要量を賄うためには食事で補う必要があります。
コリンは日本食品標準成分表などにも載っていないため米国農務省の食品データベースなどで調べる必要があります。

おすすめの調理方法や食材との組合せ

必ず加熱調理をする。
ひき肉を使って調理するとより食べやすくなります。
ヒレ肉にはビタミンB1が豊富に含まれています。夏バテや疲労回復に期待できます。

こんな子におすすめ

疲労回復を図りたい。
運動をして筋肉をつけたい。
日々のタンパク源の一つとして取り入れたい。

100g当たりの栄養成分

出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)
*コリンは米国農務省FoodData Centralを参照
*バラ以外は皮下脂肪なし

栄養素単位肩ロースバラモモヒレ
粗タンパク質g19.70017.80014.40021.50022.200
アルギニンg0.0001.2001.0001.4001.400
ヒスチジンg0.0000.8000.5200.9100.880
イソロイシンg0.0000.7900.6300.9801.000
ロイシンg0.0001.4001.1001.7001.800
リジンg0.0001.6001.2001.9002.000
メチオニンg0.0000.4800.3400.6000.590
メチオニン+シスチンg0.0000.6800.5000.8600.850
フェニルアラニンg0.0000.7100.5800.8500.880
フェニルアラニン+チロシンg0.0001.3401.0901.6201.690
トレオニンg0.0000.8300.6801.0001.100
トリプトファンg0.0000.2100.1600.2700.290
バリンg0.0000.8700.7301.1001.100
粗脂肪g9.30016.00035.4006.0003.700
リノール酸g0.8601.5003.0000.5600.350
カルシウムg0.0040.0040.0030.0040.003
リンg0.1900.1700.1300.2100.230
カルシウム:リン比47.50042.50043.33352.50076.667
カリウムg0.3400.3100.2400.3600.430
ナトリウムg0.0550.0560.0500.0490.056
塩素g
マグネシウムg0.0220.0190.0150.0250.027
mg0.4000.5000.6000.7000.900
mg0.0900.0900.0400.0800.070
マンガンmg0.0100.0100.0100.0100.010
亜鉛mg2.9002.9001.8002.1002.200
ヨウ素mg0.0000.0000.0000.0000.001
セレンmg0.0000.0000.0130.0230.021
ビタミンAIU13.33320.00036.66710.00010.000
ビタミンDIU8.00012.00020.0004.00012.000
ビタミンEIU0.4470.5960.7450.4470.447
チアミンmg0.7100.6600.5100.9401.320
リボフラビンmg0.2500.2500.1300.2200.250
パントテン酸mg1.2301.2300.6400.8700.930
ナイアシンmg5.3003.7004.7006.5006.900
ピリドキシンmg0.340.30.220.320.54
葉酸mg0.0020.0020.0020.0020.001
ビタミンB12mg0.0000.0000.0010.0000.001
コリンmg49.949.965.549.979.7
lilya編集部
lilya編集部
はじめまして!lilya(リーリャ)編集部です!このWEBサイトは犬が少しでも長く健康でいられるための情報を発信するメディアです。手作り犬ごはんや犬の健康情報を発信するInstagramもやっていますのでぜひフォローしてください!