犬ごはんの食材解説

【エリンギ】手作り犬ごはんの食材解説(犬にあげていいか?、調理のポイント、栄養について)

Instagramで手作り犬ごはんのレシピや犬の健康に関する情報を発信しているリーリャ編集部(@lilya_foods)と申します。手作り犬ごはんの基本については手作り犬ごはんの作り方・レシピや注意点(量や食材、味付けなど)を解説で詳しく説明しています。
今回は、犬ごはんの食材のうち、エリンギについて解説します。その他の犬ごはんの食材に関する記事はこちらです。

エリンギを犬にあげていいか?あげる場合の注意点

エリンギは犬にあげても大丈夫な食材です。ほかのきのこと同様に、食物繊維が豊富でカロリーも低くダイエット時の食材に適しています。また、きのこ類に含まれているβ-グルカンは免疫力アップやアレルギー症状の緩和などが期待されています。
細かくカットし、加熱して手作りフードで使うようにしましょう。大きすぎると喉に詰まってしまう恐れもあります。スープごと食べることで水溶性の栄養素も取り入れることができます。

エリンギに含まれている栄養素と主な効果

エリンギの代表的な栄養素には食物繊維カリウムビタミンD葉酸などが含まれています。

食物繊維

食物繊維の大半は吸収されずに体外に出てしまいますが、腸内で水分を吸収する過程で有害物質を吸着して排出を促します。また、毒素を分解する腸内細菌の活動を助ける役割もあるため排便がスムーズになり、便秘解消といった働きもあります。その他、生活習慣病予防や肥満防止など犬の健康維持には欠かせません。

カリウム

ナトリウムとともに体内のph値の調整や水分の代謝に関わります。また、余分なナトリウムを体外に排出してくれます。カリウムは加熱によって大きく失われるので、他の食材とも合わせて摂るようにしたい栄養素です。
通常は腎臓の働きによって体外に排出されるため、過剰になることはありませんが、腎臓が正常な状態ではない場合は過剰になる可能性があります。

ビタミンD

カルシウムやリンの吸収を促進させる働きがあり、丈夫な骨づくりに必要なビタミンです。
成長期には特に重要になります。また血中カルシウム濃度の調整にも深くかかわっています。カルシウムの摂取が十分で、ビタミンDが正常に機能していれば歯や骨の健康が維持されるだけでなく、ストレス解消などにも貢献します。
摂りすぎると下痢や嘔吐などの過剰症があり、AAFCOの栄養基準にも上限値が設けられています。偏った取り入れ方やサプリとの併用する際は注意が必要です。

葉酸

血液を作ったり、DNAの合成にも関わっています。
体内で合成されますが、体内に蓄積される量が少ないこともあり食事からの摂取が必要です。また、ビタミンB6・ビタミンB12とともにメチオニンの合成に関わり、動脈硬化の抑制にも期待されています。

おすすめの調理方法や食材との組合せ

刻んでスープにして水溶性ビタミンも摂取。
エリンギのビタミンDとチーズ、小魚などのカルシウムを効果的に摂取。

こんな子におすすめ

フードへの食べムラがある。煮出したスープで食欲アップ。
免疫力をアップしたい。

100g当たりの栄養成分

出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)
※コリンは米国農務省FoodData Centralを参照

栄養素単位成分値
粗タンパク質g2.800
アルギニンg0.130
ヒスチジンg0.049
イソロイシンg0.097
ロイシンg0.150
リジンg0.140
メチオニンg0.030
メチオニン+シスチンg0.056
フェニルアラニンg0.095
フェニルアラニン+チロシンg0.172
トレオニンg0.120
トリプトファンg0.038
バリンg0.120
粗脂肪g0.400
リノール酸g0.120
カルシウムg0.000
リンg0.089
カルシウム:リン比
カリウムg0.340
ナトリウムg0.002
塩素g
マグネシウムg0.012
mg0.300
mg0.100
マンガンmg0.060
亜鉛mg0.600
ヨウ素mg0.001
セレンmg0.002
ビタミンAIU0.000
ビタミンDIU48.000
ビタミンEIU0.000
チアミンmg0.110
リボフラビンmg0.220
パントテン酸mg1.160
ナイアシンmg6.100
ピリドキシンmg0.14
葉酸mg0.065
ビタミンB12mg0.000
コリンmg情報なし
lilya編集部
lilya編集部
はじめまして!lilya(リーリャ)編集部です!このWEBサイトは犬が少しでも長く健康でいられるための情報を発信するメディアです。手作り犬ごはんや犬の健康情報を発信するInstagramもやっていますのでぜひフォローしてください!